レッスンを検討中の方へ - トロンボーンレッスン教室 Sliding Master Club|東京 渋谷区 京王線 笹塚 幡ヶ谷

レッスンを検討中の方へ

トロンボーンと楽譜 トロンボーンアンサンブル2
ここ数年来、トロンボーン愛好家、特に社会人の方で、趣味として、
また日々の生活の中の潤いとしてトロンボーン演奏を楽しまれている方が増えています。

吹奏楽、オーケストラ、ビッグバンドはもちろん、
トロンボーンアンサンブルで活動される方が増えているのも最近の傾向のなのかもしれません。

私も一時期社会人の方達とアンサンブルを組んでいた時期があり、
社会人トロンボーン奏者特有の悩み、ジレンマのようなものは痛いほどわかります。

つまり、昔の自分のように奏法の問題を抱えている方が非常に多いということです。

間違った奏法では、まず耐久力が持ちません。
そして音域が狭い、特に高音域が出せないという問題に直面します。

しかしながら、吹奏楽とは違いトロンボーンアンサンブルでは、
一人一人に求められる演奏技量は非常に高く、そして1番パートは特に高い音域を求められます。

高い音楽性を求める気持ちと自分達の演奏技量とのギャップに悩む訳です。

非常に高度なテクニックと高い音域を要求されるビッグバンドにおいても
同様のことが言えるかと思います。

こういった奏法上の問題を抱えている方を見るたびに、
「正しい奏法さえ身につければ解決できる問題なのに・・・」
「奏法を改善する勇気、努力を惜しまなければもっと充実した演奏活動を送れるのに・・・」
という思いが湧いてきます。

そして、同じように過去に奏法の問題を抱え、
それを克服した自分ならばきっと奏法改善、練習方法のアドバイスが出来るはずだとも思います。

正しい奏法を理解し、正しい練習方法で実践(努力)すれば必ず誰でも奏法上の問題はクリアできます。

一人でも多くの方が奏法上の問題をクリアにされ、
より充実した音楽生活を過ごされることを願っております。

トロンボーンレッスン教室 Sliding Master Club
岩崎 浩

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加